佐賀でふらふり

佐賀をうろつくWebデザイナーのブログ

WordPress こうしてみた よく使う

WordPressのログインパスワードを忘れた時の最終手段


僕自身はほとんどないんですが、お客さんからの依頼によってはパスワードをまるっきり忘れた状態で依頼が来ることがあります。

こういう場合、ほとんど更新してなくて、まるごとごそっと入れ替えればすむことも多いんですが、まれにデータはそのままで、続きから更新したい。という依頼があります。

でもログインパスワードわからないし…。
という時によく使う方法をご紹介します。

目次

  1. パスワードを変えてしまおう
  2. ログインしたら設定変更
  3. まとめ

パスワードを変えてしまおう

前提としてデータベースに接続できる必要があります。
もちろん黒画面じゃなくて、phpMyAdminでもOKですよ。

WordPressのログインパスワードはデータベースに入っていますが、もちろん暗号化されているので、見てもすぐにはわかりません。

じゃあどうするか。
暗号化したパスワードに書き換えることで、ログインできるようにしてしまおう。というわけです。

こんな時に非常に助かるサイトが

[wp] wordpressを丸ごと移管/移行させる手順 at フォノクラフト株式会社:作業メモや備忘録など

こちらに書いてある「$P$B9f/Y7GWy4FzX5uuccAbvJxWDGVdHl0」を使うことで、パスワードが「adminadmin」でログインできるようになります。

ログインIDを忘れたのであれば、「user_login」欄を見ればわかりますね。
user_login - WordPressのログインパスワードを忘れた時の最終手段

ログインしたら設定変更

さぁ、これでWordPressにログインできます。

ログインしたらまずすること。それは
パスワードの変更です。

だってめちゃくちゃ簡単なパスワードですもの。
さっさと変えてしまいましょう。

そしてここでも役立つサイトが。
前回「さくらサーバーさんごめんなさい。踏み台になってました」でご紹介した

パスワード生成(パスワード作成)

です。

ここで設定したパスワードはメモしておかないと、また同じことを繰り返しますよ。

まとめ

パスワードを忘れることはあると思うので、こういう方法は覚えておいて損はないと思います。

登録しているメールアドレスを覚えているのであれば、ログイン画面のパスワードリマインダーから再度設定するという手もありますね。

何にしても、パスワードは忘れにくく、かつ使いやすいものにしておくのがいいですね。
いろんなサービスで使い回ししないけど、覚えやすいパスワード考えてみた
そいぎ~


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA