簡単にWebサイトツアーが作れるスクリプト「Intro.js」

簡単にWebサイトツアーが作れるスクリプト「Intro.js」

会員制サイトなどに訪問した際に、ユーザーにどういう順番でリンクを踏んで欲しいか、どうすれば作り手が考えるように動いてもらって会員登録してもらうかは、非常に考えるところだと思います。

そのために、まずは、Webサイトツアーなどを見せたり、手順ページへ誘導したりすることが多いんじゃないかと思います。
そのWebサイトツアーを簡単に作れるJavascript「Intro.js」をご紹介。
“簡単にWebサイトツアーが作れるスクリプト「Intro.js」”の続きを読む

全てCSS3で作るスタイリッシュなボタンチュートリアル

CSS3をちょこちょこと使う機会が増えてきたように思います。
対応しているブラウザも増えてきていますし。

特にこれまで画像切り出して使っていた角丸だったり、グラデーションだったりの部分が、CSSだけで表現できるようになってるのは、すごい時間短縮になりますよね。

そこで今回はCSSだけで、それっぽいボタン作ってみました。

参考サイト
How To Create a Stylish Button Entirely with CSS3
仕様ツール
  • テキストエディタ

“全てCSS3で作るスタイリッシュなボタンチュートリアル”の続きを読む

Illustratorで簡単にできる、ステッカー風テキストチュートリアル

Illustratorで簡単にできる、ステッカー風テキストチュートリアル

ステッカーっぽい感じのテキストを作らなきゃいけないときに見つけました。
イラストレータで作る、ステッカー風のテキストチュートリアルです。

ほんと簡単にできます。(ちょっと調整は必要ですけど)
重要なのは周りの線の太さかなぁ。

参考サイト
Easily Create Sticker Text and Graphic Effect in Illustrator
仕様ツール
  • Adobe illustrator CS5

“Illustratorで簡単にできる、ステッカー風テキストチュートリアル”の続きを読む

落書きっぽいテキストの作り方

落書きっぽいテキストの作り方

手書きフォントとか良い味だすことありますよね。
でも、線が微妙にぐにゃぐにゃしてたり、鉛筆で塗りつぶしたような微妙な空白があったりと、なかなか難しそうなイメージ。

別の探しものしていて、たまたま見つけたのでやってみたら意外と簡単だった落書き効果のやり方を、いつか使う日が来ると思うのでメモ。

参考サイト
Turn Any Font Into a Sketch Font in Illustrator | Vectips
仕様ツール
  • Adobe illustrator CS5

“落書きっぽいテキストの作り方”の続きを読む