ステッカーっぽい感じのテキストを作らなきゃいけないときに見つけました。
イラストレータで作る、ステッカー風のテキストチュートリアルです。

ほんと簡単にできます。(ちょっと調整は必要ですけど)
重要なのは周りの線の太さかなぁ。

参考サイト
Easily Create Sticker Text and Graphic Effect in Illustrator
仕様ツール
  • Adobe illustrator CS5

目次

テキストを書く

まずはテキスト書きましょう。
ポイントはちょっと太めのフォント。
これはグラデーションをかけるので、太めの方がいいです。
テキストを書く

今回、分かりやすいように背景にグリーンひいてます。

僕は、ネタ元と同じく「Arial Rounded MT Bold」を使って書きました。
テキスト書いたら、グラデーションかけるんでアウトライン化しておきます。

グラデーションをかける

色はなんでもいいと思うんですけどね。

ネタ元と同じように設定してみたんだけど、どうも違う…
グラデーションの設定

同じにしてるつもりなんだけど、確かにこのグラデーションのかけかたではネタ元みたいにならいよな…。と思いながらも、そのまま続行。

ステッカー枠を作る

次にステッカーの縁取りを作ります。

先ほどグラデーションをかけたのをクリックして、Ctrl+Bで背面にコピペ。

続けて「オブジェクト>パス>パスのオフセット」で、オフセットの設定。
パスのオフセットの設定

値はフォントの大きさと関係してくるので微調整。
「o」の中が塗りつぶされるくらいの方が個人的に好きなので、大きくなりすぎずぎりぎりのところで作りまして。
パスのオフセット設定終了

パスファインダーから「合体」を選んで、パスを合体させます。

縁にもグラデーションを

縁が真っ白でもいいんですけど、グラデかけてます。
縁にグラデーション

微妙なグラデーション。

ドロップシャドウ

ちょっと立体感付けるためにドロップシャドウ与えます。

「効果>スタイライズ>ドロップシャドウ」から
ドロップシャドウの設定

これも、効果をプレビューしながらいい感じのところを探します。
ドロップシャドウの設定終了

完成!

こんな簡単にできちゃいました。
完成!

あとは、これの端っこがめくれてるように…となると、さらにステッカーっぽくなりますかね。

ネタ元には画像にも同様の効果を与える方法も書いてありますので、興味ある方はそちらもぜひ。

そいぎ~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA