セマンティックなコーディングより「モテる」部分を学びたい


Qiitaにこんな記事がありました。
おじさんが若者たちにモテるためのモダンなHTML/CSSマークアップ – Qiita

僕がこの記事で定義されてる「おじさん」を超えに超えまくって、「初老」くらいには分類してもらえそうだけど、未来あるフロントエンドエンジニア、マークアップエンジニアの方々には、読んでおいたらためになると思いますよ。

間のコード部分飛ばして、「まとめ」だけでも充分。

このQiita読みながら「最近の若者はすごいなー」なんて思った「初老」がこの先どう生くべきか…。

目次

  1. 「初老」もモテたい
  2. しがみつくか、手を離すか、それとも
  3. ロマンスグレーな初老に
  4. まとめ

「初老」もモテたい

さて「おじさん」がモテたいのはわかります。
ただ「初老」もモテたいんです。

若者の話題に取り残されず、「おっこいつやるな」感を持っていたい。
「わーすごいっすね」「なんすかこのやり方」「うわっ変態(HTML的に)」と言われたいです。

でも、「おじさん」の常識である、EJSやPug・SassやPostCSSなんか、僕の周りが「初老」程度の人か別世界の人しかいないから、常識にはなってないんですよね…。
交友関係の狭さがこんなところにも出るとは…。

もう常識は通じないし、責務すら果たせてないんだから、もう変なことせず死を待て。と言われているんだと…。

でもモテるって言葉を聞くと、どうにか若作りしていこうかな。
「若者」にはなれなくても「おじさん」くらいまでにはどうにかならないかな。なんてあがきますよね。

「若作り…」って言われるのも悔しいけど、「こんなんも知らないんすか?」がもっと悔しいし、「そうね、おじいちゃんそうね(ハイハイ)」なんて言われた日には…。

若さにしがみつくか、それとも

なんとか若作りして若者についていきたい!とは考えてるけど、なかなか若作りしないのは、今のままでとりあえず生きているからでしょう。

黒い画面が大嫌いだし、でもエディターの画面は黒だとできるっぽく見えるし、かっこいいからそうしてます。
これは若作りじゃなくて、かっこいいから。
(目に負担がかかりにくい気もする。もう初老だし…)

Gruntやりはじめたら、Gulpでしょってなって、あわあわしてるうちに、Webpackとか知らん子出てきたり。
こうなると若作りする意欲が消えてしまう…。

その席にいた10代くらいの子が、いつの間にかおばあちゃんになって、下手すりゃ死んでたりする。
子か孫か親戚か他人かしらんけど、他の子がもう座ってたりする。

前にいた子がいなくなって、知らん子増えてくるスピードが速い。
若作りしても脳みそが追いつかん。

こうなってくると若作りしなくても、意外と生きてるんじゃないかと。
今生きてるし。

この穴に落ちると普通はハート1個なくなるけど、目の前にあるここの穴だけは別ステージへ行ける土管があったりするんじゃないかな。って思ったりもしてます。

ロマンスグレーな初老に

別なステージへ行けば、違う世界があって「おじさん」だったり「若者」だったりに分類されるかもしれないけど、そんな甘い話はそうそうなくて、結局まだどっかで「今いる世界でまだまだモテたいなぁ」って思ってて。

きちんとまたいろんな子の名前覚えて、正確覚えて、モテる初老になっていきます。
やっぱ「モテ」は生きていく上で大事よね。

この「モテ」って人間的な「モテ」に通じてる気がするわ…。
だから僕、モテないんか…

新しいことを吸収するのって、「若者」はめんどくさいなんて思わずに「すげーすげー」な興味の塊でやっていくから、成長スピードが速いんですよね。
僕もtableレイアウトからCSSレイアウトに変わる頃そんな感じだったもの。

あの「若者」だった頃を思い出しながらダンディーな初老目指して、「ブログ書くネタができた」と思って、なんだかんだ理由をつけて、若作りしていきます。

めんどくさいなんて思ったら終わりだしね。
あ、コーディングな話がでてこなかった…

まとめ

納品物として一定の品質を保つ必要はあるけど、セマンティック?なコーディングって、コーダーの自己満足だと思ってます。

Googleさんがその辺きっちりしっかり判断して、「ここは<p>だから10ポイントアップ」とかって、ランク付けの要因にしてくれたら変わるんだろうけど。

「背景が赤色のブロック」なデザインで、それを<div>だろうが<p>だろうが<span>だろうが、結局出てきたものが「背景が赤色のブロック」なら、普通のお客さんは文句言わないと思う。

Googleさんもお客さんも文句言わないってことは、そういうことなんじゃないかなと。
そこを「<div>でいいや」と思うか「<section>でclassをこうつけて」ってこだわるのが自己満足な部分だけど、実はものすごく重要だと思います。

結局、まとめだけで言いたいことまとまった…。
ただ「おじさん」の定義から溢れたことにイラッとして、「初老」なのを再確認しただけだったな…。

そいぎ~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA