『なつみはなんにでもなれる』は、寝る前の数十分を楽しくしてくれる、寝かしつけに最適な1冊

下の子の4歳になりたての頃に買った『なつみはなんにでもなれる』という本ですが、これは買ってよかった!と思わせるいい本でした。
特に、3歳とか4歳くらいのお子さんがなかなか夜寝ない…。寝かしつけにいつもイライラしてる。という親御さんには是非買ってみてほしい。

ただこの本は『読み聞かせる』本ではないので、読んでるうちにウトウトと眠くなって…系ではないのでご注意を。
クイズ形式?なやり取りがあるので、こちらもそれなりに体力は必要かと…。

目次

  1. 『なつみはなんにでもなれる』はこんな本
  2. 中身をちょっとだけ
  3. うちではこんな感じに読んでます
  4. まとめ

『なつみはなんにでもなれる』はこんな本

独特な絵と独特な題材が特徴の「ヨシタケ シンスケ」さんの本。
よく本屋さんでは『もうぬげない』がピックアップされて並んでた記憶があります。

そんなヨシタケシンスケさんの『なつみはなんにでもなれる』は、お母さんに対して、なつみちゃんが「モノマネするから当ててね」って言うところから始まる本です。

実際寝る前に子供がこんなこと言い出したら、「いいけん、寝ろ」と言いたくなってしまいますが、そこをきちんと受け止めてあげるお母さんがすごいなぁ。と思うわけです。

そこからなつみちゃんがいろいろなモノマネを始めるんですが、そのモノマネが動物とか車とかというよりは、本当に「モノ」真似なんですよね。
説明しづらいですけど…。

そしてお母さんは全然当てられない。
僕も実際なつみちゃんがモノマネしたら、当てられる自身はありません。
それくらい独特なモノマネでヨシタケシンスケワールドといったところでしょうか。

もうほんとモノマネを見ているだけでも充分楽しめます。

中身をちょっとだけ

モノマネなんでネタバレしてしまうと、面白さが半減してしまいます。
なので、一番最初のモノマネを。

はい、これ何のモノマネだと思います?

こんな感じのモノマネが続きます。

そして、あまりにもお母さんが当てられないので、なつみちゃんも怒ってしまって。

ここはまたさっきのモノマネとは違う感じのモノマネだったりするんですけど、ほんとイライラして怒らないお母さんすごい。

うちではこんな感じに読んでます

さて、これはモノマネするのを当てる内容なので、何度か読むうちに子供はもう何のモノマネかすぐ答えてしまいます。
はっきり言ってクイズにならなくなりました。

そこでうちでは同じように子供にクイズを出させるようにしています。

そう、なつみちゃんみたいにクイズを出してもらうんです。
これが意外と子供がノリノリで。

本と同じことができてるのが楽しいんだと思います。

そして自分がモノマネするだけじゃなくて、本を見てると「これなんでしょ」と聞いてきます。
もちろん僕も何のモノマネかなんて、しっかり覚えてます。

でもそこは、あえてわからないふりだったり、間違えたりで、ワイワイキャッキャな時間を楽しんでます。

さらに進むと「パパもやって~」という時が来ます。
そうパパもモノマネをしろ。という指令です。

もちろんこれもモノマネしてあげます。

でもさすがに4才児とかには難しかったりするので、答えをそっちに寄せてあげたりもしてます。
内緒ですけど。

家族みんなでモノマネやると楽しいですよ(^^ゞ

まとめ

この本はお布団(ベッド)で読んであげるのが一番です。
なぜならなつみちゃんと同じように小道具を使ってモノマネできるから。

最低でも掛け布団やタオルケットみたいなのがあるとより楽しめますし。

そして回数を決めてやって、楽しかったね~とそのまま寝る。
この流れができれば、非常に楽。

毎日やってるわけではないですが、モノマネやる日は案外すっと寝付きます。
こちらもイライラなく健康的!
ほんと寝かしつけに最適な1冊になってます。

だいたい寝かせたい時間の30分くらい前から読み始めるのが、ちょうどいいくらいに眠くなるようですよ。

そいぎ~

しかる?怒る?諭す? 子供の宿題を見て、どういう言い方が一番いいのか悩む

昨日、子供が学校の宿題プリントを出してきました。
もう丸つけまで終わっているもので、それを見て「あーなんでこんなもったいない間違いするのかなぁ」と思ってしまいました。
もちろん、大人になったからそう思うだけで、同じ年なら同じように間違えてたかもしれません。

ただ、「もったいない間違い」「そこ合ってたら、もっといい点数」というのが先行して、つい子供にどうして間違ったのかを問い詰めるような形になってしまいました。

「叱っている」のか、ただ「怒っているのか」は、よくわかりません。
僕自身は「なぜ、そこをそう考えたのか」という彼の考えを聞きたかっただけなんですが、口調が強くなりすぎてたと反省しています。

こういう時は、あとあと必ず凹みます。
そして自分の子育て方に対して、非常に不安になってしまいます。
“しかる?怒る?諭す? 子供の宿題を見て、どういう言い方が一番いいのか悩む”の続きを読む

金鱗湖行ってきた

11月末に紅葉を見に金鱗湖へ行ってきました。
そう、由布院の金鱗湖。

もう年末になってしまって、今更なんですが、まぁお出かけした記録みたいなもんです。

子供が小さい時はお出かけするにも色々と制限がありますよね。
近くにおむつ替えたり、授乳できたりするところはあるかなぁ。しかもきれいかなぁ。とか。
アカチャンホンポとかイオンモールとか近くにあるといいんですけどね。

でも少し大きくなって、小学生くらいになると、それはそれで制限があるもので。
「紅葉見に行こう」って言っても、「え~つまらん」と言われてしまって。

金曜日に奥様がお休みを取ったので、その日に普段行けないところに行こう!ということで金鱗湖へ紅葉を見に行ったわけです。

“金鱗湖行ってきた”の続きを読む

子供をその気にさせる仕掛け作り

先日の『うちも『おかたづけ育』はじめてみます』あたりから、僕の中の片付けブームが起こってます。

ブームといったのは、多分気を抜くと飽きそうな気がするからなんですが、そのブームを終わらせないためにも、子供が自然とその気になる。しかも僕自身もその気になる仕掛け作りが重要だと感じてます。

さすがにいっぺんに仕掛けを作ることは難しいので、今のところ
・朝から自分の洗濯物たたむ
・一日の終りにシールを貼る
の2つを試してみてます。
“子供をその気にさせる仕掛け作り”の続きを読む

うちも『おかたづけ育』はじめてみます

もうあちらこちらで桜咲いてますね。
今日とかお花見多かったかしら?

さて、先日本を買いまして。
おかたづけ育、はじめました。~OURHOME 子どもと一緒にたのしく~』という本です。

子供に片付けクセをきちんとつける本。かと思って『こりゃいいかも』と購入したんですが、片付けの仕組みづくりを考えたりしてて、育児全般にも応用できそうな内容でした。
“うちも『おかたづけ育』はじめてみます”の続きを読む