毎日やることを無意識に意識づけする

「無意識に意識づけする」という、あってるのか間違ってるのかよくわかりませんが、何かを習慣化しようとするとき、例えば「毎日最低10分は本を読もう」と決めたときに、最初の3日位はやるんだけどいつの間にかスマホいじってて、そんな決まりごとをしたことすら忘れてることありませんか?
そんなことにならないように僕自身がやっていた、やっている方法をご紹介します。

目次

  1. その効果
  2. 用意するもの
  3. 無意識を意識づけする方法
  4. まとめ

その効果

まずはその方法を試したその結果はどうなんだ。って話です。
僕はこの方法で禁煙を成功させました。

禁煙した話は「そういえばタバコやめました」なんですが、実はここには書いていないので、説得力にかけてしまいます…。
でも、禁煙チャレンジしている間、そして吸いたい誘惑からある程度離れるまで、この方法をずっと実践していました。

何を意識させたかというと、「タバコを吸うと健康によくない」つまり「タバコを吸うとこんなにも体に悪影響があるんだよ」を常に意識することで、タバコを吸わなくても済むようになったと思ってます。

用意するもの

さてここから実践です。

用意するものは何か書けるものがあればなんでもOKです。

僕の場合はPhotoshop使いました。
紙とペンでもいいですし、メールソフト、スマホのメモ帳でもなんでもいいんです。とにかく書ければ。

無意識を意識づけする方法

では、方法です。

まずあなたが意識づけたいことを羅列してかきあげます。
例えば禁煙の場合僕が書いていたことは「禁煙することで健康にどう影響するか」を書いていました。

禁煙で健康を
こちらに書いてある「禁煙の健康への影響」のようなことをずらずらと書いていました。

今回は毎日やると決めたことを意識づけしたいので、

  • 毎日最低10分読書タイムを作る
  • その日のPocketはその日に消化する
  • 毎朝走る

とか、そんな感じのことをたくさん書いています。

まとまりとかそんなの関係なくて、ただただ意識しておきたいことを書いていきます。

書き終わったらそれをスマホの壁紙に設定。
iPhoneの場合、ロック中の画面に設定しておくといいと思います。

たったこれだけ。

あとは毎日スマホを見るので、その文字を見ていなくても瞬間目に入ってくるんですよね。
そうすると脳内にピピッと記録されるんだと思います。(適当なこと言ってます

まとめ

そろそろランニングの習慣化をしないといけなくて、そんなときに自分自身が禁煙したときに、この方法をやっているのを思い出したので、改めて実践中です。

仕組みとしては、目標なんかを壁に貼っておいて、常に目に入るようにするのと同じだと思ってます。
それがよく見るスマホなだけで。

さて、この方法で本当に無意識を意識づけすることができるのか。
たまたま禁煙がそうだったのか。

数カ月後には結果が出ると思いますので、またそのときに。

そいぎ~

マリンワールドのイルカショーを見る7つの場所

マリンワールドでイルカショーを見る時にどこの席で見るのが一番いいんだろう?と思いませんか?
せっかく行くからには、よく見える、イルカに近い、水をかけてもらえる場所で見たいですよね。

先日、下の子の遠足でマリンワールド海の中道へ行ってきました。
雨でもいけるお出かスポットなので天気の心配はいりませんよね。
実はこのネタ、去年の遠足も改装直後のマリンワールドだったのでその時に書こうとしていて結局かけずじまい。ようやく1年かかって書き上げました。
(なので利用している写真の一部は去年のものも混じっています)
“マリンワールドのイルカショーを見る7つの場所” の続きを読む

佐賀で初心者向け似顔絵教室行ってきた

ショッピングモールなんかで、似顔絵屋さん見かけますよね。
さらさらっと描いてるのに、おー特徴捉えてて似てるなぁ。なんて、いつも通り過ぎながら見ています。

似顔絵描けたらいいなぁ。って思いますよね?
僕もずーっと思ってたんですが、モラージュ佐賀で似顔絵屋さんをやってらっしゃる、ヒロノブさん(@hironobu_)の似顔絵教室に参加する機会に巡り合って、つい先日行ってきたので、その感想。
“佐賀で初心者向け似顔絵教室行ってきた” の続きを読む

二塁塁審しているときに、どうすれば写真を撮れるか考えた

2塁塁審しながら写真撮りたい

少年野球では親御さんが審判をすることがよくありますが、僕も練習試合なんかではちょっとずつ審判しています。

その審判をしているときの景色は、ベンチ横やバックネット裏、相手ベンチまで行って写真を撮ってるいつもとは、全然違う景色。
プロ野球中継のセンター方向からの映像に近いものがあります。

そんな時ふと「ここでカメラ構えて写真撮りたい!」と思ったんですが、その希望を叶えるためにどうしたらいいか、考えてみました。(何買うか考え中な記事です)

“二塁塁審しているときに、どうすれば写真を撮れるか考えた” の続きを読む

『なつみはなんにでもなれる』は、寝る前の数十分を楽しくしてくれる、寝かしつけに最適な1冊

下の子の4歳になりたての頃に買った『なつみはなんにでもなれる』という本ですが、これは買ってよかった!と思わせるいい本でした。
特に、3歳とか4歳くらいのお子さんがなかなか夜寝ない…。寝かしつけにいつもイライラしてる。という親御さんには是非買ってみてほしい。

ただこの本は『読み聞かせる』本ではないので、読んでるうちにウトウトと眠くなって…系ではないのでご注意を。
クイズ形式?なやり取りがあるので、こちらもそれなりに体力は必要かと…。
“『なつみはなんにでもなれる』は、寝る前の数十分を楽しくしてくれる、寝かしつけに最適な1冊” の続きを読む