めまいと手のしびれで脳神経外科へ行ってきた


今日は脳神経外科初体験してきました。
あんまりいい経験ではないかもしれないけれど、どこかに恐怖を抱えているよりも、お医者さんに見てもらってすっきりするほうがいいなぁ。と改めて思いました。

なんで脳神経外科だったのか。とか、どんなことしたか。を簡単に書いています。
もし、めまいとか、しびれとかある方の参考になればと思いますが、ただ、ほんとにこれは個人的判断ではなくて、お医者さんに診てもらうのが確実ですよ。

目次

  1. めまいは突然に
  2. しびれは1ヶ月前から
  3. いざ病院へ
  4. 検査の結果
  5. おわりに

めまいは突然に

これまでに立ちくらみとかの経験があんまりないんですよね。
ないことはないけど、そう頻繁にあるわけじゃなく。

それが今朝、なんでか頭の中がふら~っとなってて。
ぐるぐるバットで、回って回って、自分がうまく動けずにその場に座ってるんだけど、頭のなかだけ回ってる感じ。

おぉ、これはちょっとやばいかなぁ。という感じはしたんですが、寝不足なのもあったんでしばらく横になって様子見ることにしました。

しびれは1ヶ月前から

ここ1ヶ月くらい右手が痺れてて。
しびれてるのは手のひら、指で、手首から肘、腕にかけては痺れてる感じは全然ありません。

Google先生に聞いてみると、やはり脳系の病気が出てきますよね。
脳梗塞とか脳内出血とか…、もう怖くて怖くて…。
でもいろいろ調べると、その症状には当てはまらないこともあって。
自分の中で勝手に「手根管症候群」と判断して過ごしてました。

手根管症候群というのは

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。
手根管症候群 – Wikipedia

というように、どこかが圧迫されていることによって起こるしびれで、僕自身どこか圧迫されてる感じはしないけれど、多分これだろうと決めつけてました。
いざ病院へ - めまいと手のしびれで脳神経外科へ行ってきた

いざ病院へ

しばらく横になっているとめまいも落ち着きました。

その間に、奥様がいろいろ病院を調べてくれていて。
鳥越脳神経外科クリニック」へ行ってきました。
いやぁ、近場に脳神経外科があるなんて思いもしませんでしたよ。

今日は診察だけでなく、検査までやりました。
まぁ、脳系ということで検査も半端ないですね。

  • CTスキャン
  • MRI

初体験してきました。
あと、点滴も1時間ほど打ってきました。

検査の結果

次回に検査結果がわかるのかと思ってたんですが、あっさり出ちゃいました。

結果は「偏頭痛からくるめまいとしびれ」でした。
脳の病気じゃなくて一安心。

確かに偏頭痛というほどの度合いかわかりませんが、たまに頭痛はあって、市販の頭痛薬を服用していましたし。
パソコンを使う仕事なので、結局目の使いすぎから、肩こりになって、そのせいで首の血流が悪くなって、頭痛になってるのかなぁ。と思ってました。

診察の時に色々と話しを聞きましたが、偏頭痛からくるしびれやめまいは結構多いとのこと。
そしてやはり、肩こりなどが原因で偏頭痛になるそうです。

おわりに

年末から気になっていた手のしびれが、以外にも偏頭痛が原因だったことに驚きました。
偏頭痛じゃない場合は、頚椎ヘルニアの可能性もあるそうです。
でも、脳の病気じゃなくて、ほんとにほんとに安心しましたよ。

あなたも体調悪いなぁ。手がしびれるなぁ。と思ったら、迷わず病院に行きましょう。
脳神経外科か耳鼻咽喉科がいいらしいですが、多分脳神経外科行ったほうが、(病院によるでしょうが)機材とかあって検査しっかりしてれると思うのでいいんじゃないでしょうか。

ただ、その分しっかり診療費取られますけどね…
初めてこんな額出したわ…
そいぎ~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA